ホーム > 交際クラブ > 老人介護が叫ばれる昨今、交際クラブの仕事も介護の一環です

老人介護が叫ばれる昨今、交際クラブの仕事も介護の一環です

交際クラブには高齢の男性も多数会員として登録されています。

そんな高齢の男性との付き合いは老人介護のひとつと考えて、仕事の延長として考えることもできます。

高齢になっても男性は女性との時間は楽しみたいものですし、それが生きがいとなって健康維持や認知症の予防にも役立つこともあります。

身体的に活動的なデートができない場合は、食事や会話を楽しむだけでも癒しを与えてあげることもできます。

女性との出会いを求めて東京の交際クラブに登録している男性は、社会的地位や金銭的余裕がある方が多くいます。

人生の頂点でもありますしロマンスグレーのおじさまは余裕が違いますのでどんどん恋をするべきです。

その中でシニアの高齢男性も例外は少なく、金銭的余裕がある男性との付き合いではデートをしてくれた対価をもらえることもあります。

介護と考えれば交際クラブの仕事も社会的に必要だと感じることができますし、やりがいのあることと捉えることもできます。

今後さらに交際クラブを利用する方が高齢化することが考えられるので、老人介護の一環として活用していくこともできるのです。

 

交際クラブに登録をしている男性の平均年齢は50歳位ですが、すでに高齢の熟年男性も大勢登録をしています。

お年寄りの介護が社会問題になっている今、今後シニア世代や熟年世代の男性が確実に増える傾向にあります。

またその世代の男性は資産や現金を沢山持っていますのでお付き合いをしていて女性に損はありません。

親身になって介護をしていると将来財産分与で分けてもらえるというような話も出てきます。

交際クラブでは女性は老人の下の世話もしないといけないのでとても重要な役目を担う仕事になってきます。

若い女性に下半身の世話をされているとお年寄りでも我慢が出来なくなってしまう事もありますがそのような時にはそのまま、手や口や女性の下半身で抜いてあげることも出来ます。

また老人にはその介護の女性が毎日世話をすることで生きる勇気やエネルギーになることでしょう。

 

今後は富裕層向けに老人介護付きの交際クラブが世間に出まわってくる時代がいつ来てもおかしくありません。

 


タグ :