ホーム > さくらタクシー > 大阪のさくらタクシーについて

大阪のさくらタクシーについて

やっぱり桜は日本人の心ですよね。普段は解放されていない場所でも、桜が咲く時期だけは一般開放されている場所だってありますからね。みんなに見て欲しいと公開してくれ、そしてみんな見たいから訪れる、こんなことあまりないですよね。大人になると花見の場所取りや酔っぱらいの相手や、親しくない人とのおしゃべりや、色々楽しくないこともありますが、それでも年に一度のこと、そして話に詰まれば桜を眺めていればいいのですから、歓送迎会や忘年会よりも気が楽かもしれません。

 

大阪のさくらタクシーってどうなの?

 

親しいイメージからか、さくらを名前に使う企業も多いですよね。大阪のさくらタクシーもそうですね。タクシーの運転手さんって不愛想な人で怖い人も多いですけど、さくらと平仮名でつけると少し怖さが和らぐ気がします(運転手さんみんなが怖いわけじゃないですよ、念のため)。平凡だと覚えてくれないし、有名だとかぶってしまうし、小難しすぎると浸透しないし、名前を付けるのって難しいですね。その点、日本語は漢字平仮名カタカナ、ローマ字表記と、同じ名前でも表記にバリエーションがあるからまだ選択肢が多いと言えるでしょう。たまに、えっというセンスの名前もあったりして、興味深いですよね。